紅葉

★紅葉
DSCN2887.JPG
★福井県指定史跡
【小丸城址】
天正三年(1575)織田信長軍が越前の一揆を平定したあと、佐々成政が築いた平城である。この城は味真野の扇状台地末端に、野々宮廃寺跡の一部を取り込んでつくられたもので、本丸、二の丸、三の丸と隅櫓の遺構がよく残されている。本丸の規模は、東西45メートル、南北50メートル、高さは水面から7メートルあり、四方に10~30メートル幅の堀がめぐらされていた。なお北西の乾櫓から出土した。一揆成敗のありさまを刻んだ文字瓦は有名で、この瓦は現在、越前の里郷土資料館に展示してある。(越前市教育委員会・財団法人 観光資源保護財団)
DSCN2888.JPG
DSCN2886.JPG
DSCN2884.JPG
DSCN2856.JPG
DSCN2857.JPG
DSCN2873.JPG
DSCN2871.JPG
DSCN2870.JPG
DSCN2866.JPG
DSCN2864.JPG
DSCN2865.JPG
DSCN2862.JPG
DSCN2855.JPG

碑前茶会

★文房流晴心会の碑前茶会、今年も10月6日に久津見晴嵐胸像と初代素山師石碑のある足羽山で開催。四支部が茶席を担当いたしました。
献茶式
DSCN2372 ブログ1.JPG
DSCN2373ブログ2.JPG
福井支部茶席
DSCN2363ブログ3.JPG
DSCN2366ブログ4.JPG
素晴支部茶席
DSCN2385ブログ5.JPG
DSCN2388ブログ6.JPG
DSCN2400ぶろぐ6-2.JPG
三谷社中茶席
DSCN2390ブログ7.JPG
DSCN2391ブログ8.JPG
DSCN2394ブログ9.JPG
野口支部茶席
DSCN2405ブログ10.JPG
ブログ11.JPG
DSCN2408.JPG
DSCN2403.JPG